スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
棚下の剥離を補修
こういった症状はよくあると思います。
扉の可動部分の下部なので、力が下に加わるとめくれはじめます。

0628mae

プラスチック素材が変形していますので接着するだけでは浮いてきます。

丁寧に成形し、樹脂を補填していきます。

0628go

凹凸があると影になったり、再発する可能性もあるのでしっかり修理しないといけません。

ヤスリで表面をすり合わせれば完成です。

美術品の復元修理
スポンサーサイト
【2013/06/28 20:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://fixman.blog36.fc2.com/tb.php/167-7d1197fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。